個室で人間関係を考える【切迫早産2】

今は個人病院の個室にいます。

他の切迫さんもいるみたいですが、ほぼ顔を合わせた事がありません。

正直気楽です!

そりゃあ、NICUのある総合病院や、点滴の上手い看護師さんがいた方がいいですが。

でもこちらの先生が総合病院の先生より細やかに診てくれている気がします。

 

たまには他の患者さんとも話してみたいとも思いますが、一日中生活環境まで一緒はなかなかしんどい、というか、自分の情報を自分のさじ加減で伝えられて、自分の力の及ばないところで個人情報がダダ漏れされない、距離感が程々にとれる環境下がいいですね。

考えが引きこもりすぎかしら?

 

だから、1日に一時間くらい、談話室的なもの所に集まって、適当に話せる時間があればいいなーと思います。体調が悪ければ来なくていいし、ひとしきり話したら各自自分の部屋に戻る、みたいな。プライベートも守れて、距離感が適度な付き合いができる、みたいなのが理想です。

 

個室だとお金もかかりますが、若い頃からかけていた医療保険でなんとか賄えそうです。

お金の話しはまた今度‥。

大部屋で人間関係を考えた話【網膜剥離編】

網膜剥離で入院した時は、住んでいる市から二つ程隔っていたので、仕事も熊之助の面倒を見なければいけないので、主人の面会はほぼありませんでした。

前回の入院で主人も、色々病院というものが嫌になったらしく、手術さえも付き添ってくれませんでした。まぁ、付き添ってもすることは無かったんですけどね。

ほぼ面会なしで2週間乗り切ったんですが、それはいいとして。

 

同室になった人は、みんなひとまわりふたわり上の方々ばかりでした。

私としては、仲良くしなきゃと思って話しかけるタイミングを見計らっていたんですが。

同室は三人いて、50代と思わしきAさん、70代と思わしきBさん、同じく70代くらいのCさん、といました。

この中で、AさんとBさんが仲良くて、ひっきりなしにお互いの家庭の愚痴やら、Aさんのお仕事の自営業の話(お店を二つ持っていて一つはご主人、もう一つは自分が担っていて、今はご主人が両方掛け持ちをしていると言った内容)を細々と話していました。

Cさんは、身体が弱いのか始終寝たきりでほぼ会話せず。

 Aさんは、網膜剥離を何度もおこして、かつ、白内障も併発していて、手術を数日前に受けて、ずっとうつ伏せ状態が続いていてようやく解除になったみたいでした。何回も入退院を繰り返し、視野が欠けているみたいで、そのまま車の運転も仕方なくしているとか。

Bさんは、白内障緑内障両方?だったかな?私の手術前に退院が決まっていました。

入院2日目くらいに思い切って話しかけたら、わたしの話スキルの無さなのか、地雷を踏んでしまいました( ;  ; )

 聞かれるがままに、病状の話をしてしまったのですが、

Aさんの主治医と私の主治医が違う事(あちらの方が教授クラスで私はペーペーな先生)、Aさんのオペの術式と私の術式が違う事(あちらは硝子体手術、私はバックリング)、主治医から、手術後3日したら退院できる可能性もあるよと話があった事(実際、体調はフラフラですが、3日あれば退院出来たなぁとおもいます。風邪をひいていたから、無理でしたが‥)

 

hemfetan.hatenablog.com

 そういう違いがことごとく、特にAさんの地雷になったらしく、

 事あるごとに、何故主治医が違うのか、何故術式が違うのか、本当に3日で帰れるのか、繰り返し、何度も何度も詰問されて、ずーっとブツブツ文句を言っていました。

そんな事私に言われてもf^_^;勘弁してくれよ、って話ですよね。

年齢も病状も違うんだから‥

しかも、手術前に『網膜剥離って、何度も繰り返して剥離するみたいよ!!』と言って、こちらの反応を見ていました。

話しかけたのは失敗したなぁと思いました。

失敗に気づいてからは、カーテンをひいて、大人しく引きこもっていたのですが、Aさんは、それから帰りたい帰りたいとひっきりなしに言い出し、主治医に無理を言って退院を早めてもらっていました。

 Bさんも、私が3日で退院も可能と言ったのが信じられなかったらしく、私が手術前日に退院される時に、ひとしきりの挨拶をされた後に、じーっとわたしを見て、『ねぇ、本当に先生は3日で帰れるって言ったの?』と聞いてきましたf^_^;こんな事で嘘言ってどーするんだろう、と思いましたよ、まったく。


AさんとBさんは、本当に仲良くて、Bさんは退院したら、お見舞いにくるわ、Aさんのお店にも行くねと、親しげに話をしていました‥

Cさんは、途中で部屋を移る時に、熊之助の写真を見て、可愛いね、とにっこり笑ってくれました。


私がいた病棟は、ほとんど年配の方が多く、比較的若い私は変に目立っていたんでしょうね。手術が終わって、安静が解けて、ロビーをウロウロしていたら、周りからジロジロ見られていました。

ただ、廊下で向こうから話しかけてくれた、おばあちゃんは、呑気に、『ここはご飯が美味しいのよね、三食上げ膳据膳で天国やわー』とか、べつのおばあちゃんは、『庭を歩いていたら、転んだ時に目を柵に突き刺してねー』と、瞼を開いて見せようとしてきたり(ぎゃー((((;゚Д゚))))))))、一般的な?世間話が出来ました。

たまたまめぐり合わせが悪かったのかなぁ??

これもまた苦い思い出になりました。

大部屋で人間関係を考えた話【切迫早産編】

今まで入院、しかも何ヶ月にもわたって入院なんてこと思いもしなかったのですが、妊娠を期に、第一子は出産も含めてまるまる三ヶ月、網膜剥離で2週間、今回の二ヶ月(予定)の入院生活で感じた人間関係について吐き出してみようかと思います(`・ω・´)

 

第一子切迫早産の時は途中まで2人部屋、網膜剥離の時は4人部屋でした

まず思ったのが、大部屋はカーテン越しにプライベートが筒抜けだということです。

入院した時に、看護師さんが、家族歴などを聞いてくるのですがそれも同室者には丸聞こえ。

私は実家のことを他人に話すのは凄く抵抗があったので辛かったですね。

これは、第一子の切迫時でも網膜剥離の時も違う総合病院で共通していました。

あれどうにかしてもらいたいです。

体調に問題が無ければ、別室とかできいてもらいたいですね。

後は家族との話、医者との病状との話も筒抜けでした。

経済背景、家族背景、病状は人それぞれで全く共通点のない人と偶々同じ部屋でしかないので、知らず知らずと相手の地雷を踏んでいたりする事がありました。これが人間関係にも響いて辛かった‥

 

よく切迫早産の同室の人とは、友情が芽生えて‥なんて話を聞くのですが、そんなことは無かったです。(きっぱり)

相手の方が、私より病状が重く(多胎妊娠)入院暦が長く(切迫流産からの入院)、かつ、経済背景、旦那さんの仕事の忙しさ(向こうは、週に一度来るか来ないか)、が違っていました。

私と医者との会話で、私は子宮頸管が長めだということが分かったり、主人との会話で、入院費の話になった時に、主人が私に気にしないようにワザと、『なーに、お金の事は気にすんな』とのんき発言をしてしまった事(周りに聞かれていると言う意識がないんです。別の場面でも、たまにこういった周りに人がいてどんな風に受け止められるのかを気にしないKY地雷を撒き散らして、私が被害を被る事が多々あります💧)、

主人が、仕事終わりに毎日お見舞いに来ていたりとかしていたのですが、そういった相手にはない事の諸々が、地雷を踏みまくったんでしょうね💧💧

向こうがご主人と話している時に、『あーぁ、お金のある人はいいなあ』と聞こえよがしに呟かれたりしました。

こちらも、主人には、お金の話は誰が周りで聴いてるかわからないのだから、病室でお金の話はするなと通達をだしたり、毎日の面会は主人の身体の負担にもなるから不要だとやんわりと繰り返し伝えたんですが、余計意地になっちゃって、来るようになってしまい^^;さらには、主人と誰もいない談話室で、お金の話をしたら、『お金の話をしていいの?!ダメって言ったよね!!』と過剰反応してしまったりとめんどくさくなりましたf^_^;

同室の相手には、上手な声がけが出来ればよかったんですが、ついに、看護師さんを通してクレームを受けました。

大部屋だから面会は、談話室で。病室での面会の時間は一時間に収めて下さい、と。

私としては、あーやっぱり、申し訳無かったなぁとおもったんですが、これに主人が激怒してしまいf^_^;

『面会時間に来てるのに?一時間以内なんて決まりなんて聞いてない!』と不機嫌になり、それから面会の度に、入室時間退室時間をノートに書き出しf^_^;、相手が心拍確認の検査を隣でし出したら、わざとらしくそそくさと部屋を出たりして、そんなこんなで相手との関係は険悪を極めて来ました( ;  ; )

遂に、相手が個室に、私に何の挨拶もなく、出て行ってそれで、関係は終わりになりました。

一度出産後NICUですれ違ったんですが、目も合わせてくれず‥

もっと主人に強く言えば良かったんですが、言えば言うほど余計依怙地になって、曲解してくるので、ほとほと困りました。

苦い苦い思い出になりました。

入院26日【30w6d】明日が休日?だからか31週健診

今日の朝も40分に三度の張りがあり、不安な気持ちで、診察室へ‥

中待ちでまってる間に、先生から、具合どお?と聞かれ、『まだちょこちょこ張るみたいでー』と話したら、あらら〜みたいな顔。

このままだと、前回の総合病院に転院かしらん、とブルブルしながら診察室へ。

頸管は3センチ弱で、点滴の量もこのままとのことでした。せーーふ!(´∀`*)

前回の総合病院は、お産の時色々イヤな思いをしたのでなるだけ、ここで最後までいきたいのです。

それにしても、総合病院の時は少しでも張ったら、看護師さん判断で(新人さんでも)点滴量がじゃんじゃん上がっていったけど、ここでは、張っても、一旦診察して頸管を見てから点滴の量を上げるのでかなり慎重です。

どちらがいいのか‥全てが終わってみないとわからないですねー(*_*)

エコーでは、プー次郎も元気そうで、2000g弱ありました。

今日はこれで一仕事終わりです。

Amazonプライムビデオで、SPEC〜結〜を観終わります!

 f:id:hemFetan:20171122164013j:image

今日の昼は(も?)めちゃ豪華でした!

三度の食事が本当に毎日の楽しみです!!

入院24日【30w4d】点滴漏れからの張り

張りも落ちついて来たかと思いきや久々に夜張りましたー。

 

日曜に、針の差し替えをして、シャワーを浴びてさっぱりしたところで、夫と息子が会いに来てくれて帰った後から、腰から下がだるく重〜い感じに。

ずっとベットに腰掛けている姿勢が良くなかったのか、それとも便秘が2日続いてるからかなぁー、と思いつつ、針を刺しているところをみたら薄っすらと膨らんでいるようないないような?

看護師さんに言おうかなと思いつつ、もうすでに刺す場所も無く、刺し変えも頼みづらい。

血管が無いらしく、どの看護師さんも差し替えに逃げ腰‥

 

とりあえず寝たら治るかなと、10時には床についたものの、痛みで眠れず、2時過ぎになると、息苦しさも相まって、いよいよやばいと思って、ナースコールを押しました。

NSTをとったら、張りを示す数値が20、30、とみるみる上がっていき、50までも!

 

こちらの病院では、張りが出ると、まずは差し替えをするみたいで、差し替えをして貰いました。ルート確保に30分かけて‥

差し替えをするとみるみるお腹の痛みが消えて、朝までぐっすり眠れました!

やはり点滴漏れからの張りみたいでした。(ちなみに、漏れていた点滴を刺したのはパワフルおばちゃん看護師さんです。ついでに言うと点滴針を浅いまま点滴流して青あざになったのもこの人です(*_*))

 

hemfetan.hatenablog.com

hemfetan.hatenablog.com

 

 

前回の入院も、よく張って、点滴とは別に、ニフェジピンカプセルを頓服として飲んでいましたが、もしかしたら点滴漏れだったのかなーと思いました。

 

寝不足でぐったりとしていた朝に、診察をしてみるということで、下の診察室に降りていきました。先生が、点滴を見るなり、

『点滴漏れてない!?もっと上手い人がやって!血管が無いっていうけど、そんなことはないでしょ!!』とぷりぷり叱っていましたΣ(゚д゚lll)

診察が終わって病室に帰ったら、看護師さんが二人掛かりで、ホットタオルで手を温めながら、ルートを相談しながら、差し替えをしてくれました。

先生が怒ったことで、詰所の空気が悪くなったのか?2人で何やら他のスタッフの様子を話していたので、(『〇〇さん(夜中差し替えしてくれた人?)、直ぐに帰ったよね?』『外来混んでいたら、帰っていいですか、とか聞くよね?』『私たちが来て良かったのかな?』『詰所の空気が‥』『✖️✖️さんは何していた?』『黙々と記録してましたよー』などなど内輪話。)

どこの職場も派閥的なものがあって大変だなぁー、と思いました(*_*)

 

結局、腕にルートはなく安定の?手の甲で点滴がもっております。

ふーやでやで。水曜日には、31週の妊婦健診です!

 

 

入院20日【30w0日】健診受診 点滴の副作用の痒みについて

今日は30週です!やっと大台に乗りました(`・∀・´)

が、まだ油断禁物。今入院しているところは、NICUがないので、まだ生まれちゃ困ります(・Д・)ノ

内診終わって子宮頚管も2.8センチ、とまぁまぁ。

 

一人目の切迫早産の入院時には、5センチあったんだよね(^^;)だから、この時期には、『退院するー?』ってよく言われていました。

でも点滴減らしたら凄まじくハリハリしていた訳ですが。

 

点滴の副作用と思わしき痒みを話したら、点滴の薬剤そのものではなく、添加物に反応しているんだろうと。薬によって添加物が微妙に違ってくるので、もしこのまま酷くなったら薬液を別のジェネリックに変えるそうな。

その程度ならまだ大丈夫だし、肝機能の数値も上がってないからこのままね、と。

 

一人目のときは、リトドリンではなく、ウテロンだったんだけど、そこまで痒みはなかったんですよね。あるにはあったけど、足の脛のみ。

そんなものかなぁと思って、しばらくは、ベドノバールをベタベタ塗りたくります!

 

今日は職場体験の高校生が沢山来ていました。初々しくて可愛かったですね。

診察に付き添っていた実習生さん、何故か、私が診察が終わって部屋を出るときに、先生も他の看護師さんもまだ沢山居るのに、パチンと診察室の電気を消していました(^^;)w