不妊治療(タイミング)からの切迫早産

ぼちぼち思い出す限り記事を書いていこうかと思うのですが、ネタがゴッチャになって、どのネタを取捨選択すべきか、また、時系列にわかりやすく整理しながら、だとかなり、纏めるのに時間がかかりそう、かつ、スマホからブログを書いているので、指がつりそう(フリック入力がまだできません。。。)など言い訳ばかりでアレなんですが、簡単な概要先ずはまとめとして述べます。
サーフェス4ほしーな。

2014年5月より不妊治療(タイミング、注射)を開始
2014年11月妊娠発覚
2015年4月 新年度最初の日に職場で、相当なお腹の痛みを感じ、早退
→通いの産婦人科クリニック受診
→陣痛になりかけのお腹の張り方をしていたのでウテロン点滴のため一週間ほど入院。
→回復したので退院
→退院した夜中にまた張り
→また入院
→翌日周産期母子医療センターのある総合病院へ救急車で母体搬送
→それから36週の6月下旬まで入院
→退院した夜中に(またこれかよ)張り
→総合病院にとんぼ返り
→8時間後息子出産
→息子血糖値が低いため一週間NICUにて点滴投与(保育器ではなく、コットに寝てました)
→母子同室になったかと思いきや、私の血圧が高めのため、入院が3日延期
→6月末にやっと軟禁生活から解放!
とまぁ、割と怒涛の3カ月を送りました。
家族や職場には大変負担をかけてしまいました。また支えてもらって大変感謝を感じています。
大変大雑把な性格なので、細かい所まで覚えていないこともありますが頑張って記事にしていきたいですね。