網膜剥離9〜手術当日〜

さて、手術当日。

7時からから15分おきに点眼開始。ボワボワしてくる。全麻だが、一応麻酔を点眼するらしい。

8時に手術着に着替えてストレッチャーで手術室へ。

メガネがないので右目でもまわりがぼやぼやしか見えない。

名前を確認。手に付けていたバンドを切る。

イケメン(と思われる)若い看護師お兄さんが横についてくれる。

周りの看護師さん達が声をかけて、主治医、麻酔医も挨拶した。

体のあちこちに機械をつける。

酸素マスクをし、抗生剤の点滴開始。点滴の針を右手の甲に刺す。

痛い。

入らなかったらしく左手に刺す。

今回の手術と入院の中でこれが一番痛かった。

「今から点滴に麻酔薬をいれますね、薬剤が入る時痛む場合があります。」

と、そっとイケメン看護師が手の甲を抑える。

数を数えたり、いきなり目の前が真っ暗になるのかな〜思ったけど、それは無く、『あー、なんか、眠いかも??』と酸素マスクを見ながらぼんやりしていたら、




‥いつの間にか終わった。


宇多田ヒカル花束を君にという曲がぼんやりと聞こえる‥

もしかして手術中に曲をかけていた?

名前を呼ばれて目がさめる。

ここから、病室までは夢うつつ。

どうやって帰ってきたか覚えていない。

病室のベットに運ばれる。

目が痛い。喉も痛い。


全身麻酔中は、呼吸が浅くなるので気管チューブを喉にいれていたので、そのせいみたい。

ぼんやりと時間を看護師さんに聞く。

お昼12時ぴったりだった。


術後しばらくは、何も飲めないので、座薬の痛み止めを貰う。

しばらく寝る。


昼2時半。主治医が来る。手術は順調だったの事。

まだ目が痛むのと話したら、痛み止めは、6時間おきだとのこと。

寝るときに痛む時は、睡眠剤服用した方がいいね、とのこと。

目が痛い、喉が痛い。

また寝る。


夕方4時半。

前より体が動く気がする。

看護師が腸が動いているかの音を聞いて水を飲む許可がでる。

ごくごくのむ。

上半身が起きれるが、歩くのはまだふらふら。尿管はそのまま。

メールが打てるくらいまで復活。夫にメール。

そして朝から何も食べていないので激しくお腹がすく。


夕方6時。晩御飯がきた。

うめぇ。完食。

さらに買っておいたプチケーキを食べる。


夜9時。尿管を外してもらう。

少しふらつくが歩ける。

眼の痛みはきつい。

痛み止め内服と、睡眠薬を貰う。

爆睡。


そして手術の日は終わったのでした。