入院一週間【28w】健診結果とお腹の張り

入院して二度目の診察(というか妊婦健診)を外来で受けて来ました。

頸管は、前回より短くなって30ミリギリギリ。

このまま現状維持で頑張りましょう、ということでした。

血液検査で貧血らしく、鉄剤をもらいました。


その日の昼ごはん後に、どうにもこうにも、お腹がいたくなり、『張りかなー?』と思ってナースコールを押したのですが、NSTには反応がなく‥

それでも痛いので看護師さんに訴えてみると、『ちょっと実験させてねー』とお腹に巻くバンドを少し下にされました。

すると、少し張りが出ていました!

どうやら、機械で測る位置によって、張りが出たり出なかったりするみたいで‥


実は前の切迫早産入院していた総合病院でも、お腹が痛くなってNSTをとっても、張りが出なくて、『私の気のせい』的な扱いになり、後半は、お腹の痛みを訴えても、あまり本気にしてもらえなかったんですよね。

 もしかしたら、位置がズレていたのかも。


そんなこんなで、微弱な張りがあるものの、点滴の量を増やす程度ではなく、入院中ならこれくらいは張るとのこと。

この病院での張りに対する処置の順番としては、

NSTをとる→針を差し替えて様子を見る→それでもダメなら点滴の量を増やす

らしいです。

ただ、先が長い入院なので、しょっちゅう針を差し替えてしまうと血管がもたなくて、後半刺す場所が無くなってしまう恐れもあると。いざとなったら、手の甲にも刺すんですよね‥あれは痛いし‥


あまりお腹のことばかりに神経を尖らせておくと、余計に痛くなるよ、ということでそのままになりました。うーん、厳しい‥

夜中、痛くて目が覚めたんですが、我慢したら、いつの間にか眠くなり、朝起きたら、痛みが無くなっていました‥なんだったんだろー。

夜になると張りを感じやすくなるのかもしれませんね。朝のNSTにも微弱なはりがでていましたが。

総合病院の時には、痛みの頓服としてニフェジピンカプセルを飲んで凌いでいたので、それが無いのはちと辛いかな〜。

でも転院は今のところしたく無いです!